素人の体幹トレーニング?

腹部がふくよかになってきたり、関節などに痛みを感じたりした時に、
身体の歪み というものが問題視されることがあります。

鏡に向かって真っすぐ立った時、肩の高さが左右で違っていたり、
頭が傾いている事に気づいたら、
身体の歪みを強制する決心をしましょう。

と言って、難しいことを始めなければならない訳ではありません。
日々の姿勢に気を付けてゆけば良いだけなのです。
この歪んでいる事実を、結構 重く受け止められれば、十分です。
つまり、いつも気にしている状態でいられれば良いのです。

鏡に映る立ち姿が美しい状態になることを目指せばよいのです。
所謂、体幹を鍛える訳ですが、

具体的にどうするのかと言うと

鏡に対して(なくても、あるつもりで)(或は 窓などに映して)、
足を肩幅くらいに広げて、両足に同量の荷重が乗るように立ちます。

ユラユラしないように、お腹を引っ込めてお尻を締めます。

胸を持ち上げる感じですが、肩の力は抜きます。

持ち上げた胸を張って、腕を体の後ろ気味におろします。

鏡の中の自分の、どこも傾いていないように決めてください。

常に、このカッコいい状態でいることを目指します。

大体決められるようになってきたら、つま先立ちでも止められるように
します。

ゆっくり踵を上げていき、足の甲を突き出して
完全に足の指に乗ってしまった方が楽です。

グラつかないようにするのは大変ですが、体幹が鍛えられるに従って
ビタッと決まりますから、楽しみに行ってください。

電車や信号待ち、人との待ち合わせ時でも、
ゆめゆめ、片足に体重を乗っかった、休めの状態になる事の無きよう!