良い油

食事制限でダイエットをしようと考えた時にまず思いつくのが、
糖分と油分のカットではないでしょうか。

ところがこの油分、全てが悪者ではないだけでなく、
身体を健康に保つためには、無くてはならないものもあるというのです。

油は体内に入ると脂肪酸に分解されます。
そのうち、常温で個体であるのが飽和脂肪酸、
常温で液体なのが不飽和脂肪酸といわれるものです

飽和脂肪酸が、摂りすぎると血液中で中性脂肪やコレステロールを増やし、
体脂肪として蓄積される、言わば悪玉です。

対する不飽和脂肪酸は、逆に、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる
働きをしてくれる、ダイエッターの味方です。

不飽和脂肪酸も、
オレイン酸、リノール酸、αリノレン酸と3種類に分けられます。

オレイン酸はオリーブオイルに代表される油で、抗酸化作用に優れ、
老化防止に役立つものです。
体内で合成できるので、それ程躍起になって食事から摂ろうとする必要は
ないとの事です。

リノール酸は、紅花油、ごま油、コーン油等で、
血中の悪玉コレステロールを減らしてくれます。
しかし、摂りすぎると心臓病やアレルギーのリスクを高めるともいわれ、
注意が必要です。

積極的に摂ることを推奨されるのが、αリノレン酸です。
生活習慣病予防、体脂肪の燃焼、脳の働きを整え諸症状を緩和する効果が
期待できる、スーパーオイル。
含有量の多い油として、
エゴマ油、亜麻仁油、インカインチ油が紹介されています。
熱に弱いので、加熱せずに、
日にティースプーン1~2杯程摂ればよいようです。

違いを見極めて、賢く摂取いたしましょう。