授乳中の慢性疲労に葉酸サプリが効く

十月十日のマタニティライフを経て、
やっと我が子に出会えた喜びは確かに大きいです。
しかし、育児は想像以上にハードなものです。
産後のママの身体は思うようには動きません。
個人差はありますが、常に身体は疲れているのに睡眠不足という感じです。
ぐっすり眠りたくても数時間おきに赤ちゃんは起きて泣き出します。
昼夜関係なくミルクを欲しがり、オムツを替えてくれ、
寝付くまで抱っこしてくれと泣き続けます。

自分の身体も完全でないのに、こんな24時間営業のお世話は本当に大変です。

なかでも、「完母」という市販の粉ミルクを使わずに、
完全母乳で育てているママはきついです。
母乳は粉ミルクよりも消化がいいのですぐにお腹が減ってしまいます。
さらに、一度に出る量も200ミリリットルくらいなので、
飲みだめができません。

今は母乳で育てるのがブームのようですが、ママには大きな負担だといえます。

完母のママに共通しているのが、
出産してから3時間以上まとめて眠ったことがないということです。
これではいくらタフな人でも、疲れがどんどん溜まってしまいます。

そんなお疲れママのために必要な栄養素は葉酸です。

葉酸は造血作用があるので、
葉酸が十分に摂れていれば、身体全体に栄養たっぷりの血液を運べます。
また、細胞の修復や再生にも欠かせない栄養素です。
葉酸が産後のママの身体をよりスピーディに回復させるのです。

なお、母乳は黄色みがかった白い色をしていますが、母乳の元は血液です。
つまり、母乳は葉酸をたっぷり使ってつくられています。

産後のママの回復にも、
赤ちゃんをすくすく育てる母乳にも葉酸が大切なのです。

葉酸は緑黄色野菜やレバーに豊富ですが、
熱や水に弱いので、調理の途中で減ってしまいます。
産後の大変なときにいちいち葉酸のことを考えて料理なんてできませんよね。
また、食事から摂った葉酸の吸収も悪いといいます。
疲れが溜まっているときに無理して料理を頑張るよりも、
サプリメントなどを上手に活用して、産後の育児を乗り切るのが賢明です。
サプリメントは少量でもしっかり吸収されるので、効率がいいのです。
食事で葉酸を摂れるようになるのは、
ママがもっと元気になってからでも遅くありません。